アウシュヴィッツ年表

 

1939年
|9月1日
 ナチス・ドイツ、ポーランドを侵攻。第二次世界大戦はじまる

 

|1939年末
 ポーランド人の大量逮捕により、シレジア地方の刑務所が過密化する。ナチス親衛隊(SS)と警察本部は、
ブレスラウ(現在のポーランド、ブロツワフ)強制収容所の建設を計画する。

 

1940年
|4月27日
    ナチス親衛隊(SS)長官のハインリヒ・ヒムラー、オシフィエンチムの旧ポーランド軍兵舎を利用し、強制収容所を設置するよう命じる。(後のアウシュヴィッツ強制収容所)

 

|6月14日
 ドイツ当局は、アウシュヴィッツ収容所へのはじめての移送命令を出す。ユダヤ系ポーランド人を含め、ポーランドの政治犯、計728人が移送される。この日がアウシュヴ
ィッツ収容所の開所日とされている。1940年から1945年の間に、約40万5千人(内男性は27万人)がこの収容所に登録される。

 

|6月19日
 収容所周辺の住民がはじめて退去させられる。収容所内における虐殺が目撃されないように、また、囚人と近隣住民の接触や脱走の手助けを絶つことが目的。その後も地元
住民の退去がアウシュヴィッツの拡大計画に共に行われる。合計で少なくとも5,000人のポーランド人が、オシフィエンチムや近隣の村から退去させられた。さらに、オシフェンチムのユダヤ系住民約7,000人を近くのゲットーへ強制移送し、収容所周辺の八つの村と、100戸を超える建物を破壊した。

 

|7月6日
初めての囚人、ポーランド人のTadeusz Wiejowskiの脱走。アウシュヴィッツ収容所が機能していた期間に、100万人以上の収容者のうち、数百人の人々が脱走を試みた。辛う
じて約150人の人々が脱走に成功したが、多くはナチスに捕まり、殺された。彼らは主に、ポーランド人、ソ連軍の捕虜、そしてユダヤ人だった。

 

|秋
 ポーランドのレジスタンスが、ロンドンのポーランド亡命政府に対し、アウシュヴィッツ収容所に関する情報を伝える。

 

|11月22日
 はじめて銃殺処刑が行われ、40人のポーランド人が犠牲となった。


1941年
|3月1日
    SS長官、ハインリヒ・ヒムラーが、はじめてアウシュヴィッツ収容所を視察し、収容所の拡大を指示する。また、新たな工場の建設に向け、当時、積極的にナチス政府に協力
していたドイツ企業、I・G.ファルベンに1万人の囚人を導入するよう命じる。

 

|4月23日
アウシュヴィッツ収容所所長ルドルフ・ヘスが、一人の脱走者が出たことに対して、報復的な罰として囚人10名を飢餓死刑とする。

 

|6月6日
 チェコの政治犯がはじめて移送される。ポーランド人以外の人々のアウシュヴィッツへの強制移送がはじまる。

 

|9月3日
 チクロンB(毒ガス)を用いた最初の大量虐殺が行われる。約600人のソ連軍捕虜と250人のポーランド人が死亡。

 

|秋
 アウシュヴィッツ第1収容所のガス室の運転が開始される。

 

|10月
 アウシュヴィッツ第1収容所に、ソ連軍捕虜収容所が設置される。

|ドイツ軍により壊滅された村、ブジェジンカで、アウシュヴィッツ第2収容所・ビルケナウの建設が始まる。

 

|11月11日
  「死の壁」で初めて処刑が行われ、151人のポーランド人が銃殺される。

 

1942年
|初頭
 ガス室でユダヤ人の大量虐殺が始まる。

 

|3月
    アウシュヴィッツ収容所へ、フランスから69,000人、スロバキアから27,000人のユダヤ人の強制移送が始まる。

 

|3月1日
 アウシュヴィッツ第2収容所・ビルケナウ収容所の稼働が始まる。

 

|3月26日
 アウシュヴィッツ収容所に初めて2000人の女性が到着する。(アウシュヴィッツの稼働期間中、約13万人以上の女性が登録された)

 

|3月~6月
 アウシュヴィッツ第2収容所・ビルケナウの仮のガス室が始動。

 

|春
 アウシュヴィッツ第1収容所と、第2収容所・ビルケナウの間に設置された、「ユーデンランペ(Judenrampe)」と呼ばれる移送者用の特設ホームの使用が始まる。この場所
に、ユダヤ人、ポーランド人、ロマ(ジプシー)、他国の囚人などが到着した。

 

|5月
 アウシュヴィッツ収容所へ、ポーランドから30万人、ドイツオーストリアから2万3千人のユダヤ人の強制移送が始まる。

 

|5月4日
 ビルケナウでナチス親衛隊(SS)がはじめて「選別」を行う。選別された人々がガス室で殺される。


|6月10日
     ビルケナウの懲罰部隊から、ポーランド人の囚人、約350名が暴動を起こし、集団脱走を図る。7名は脱走を遂げたが300人が死亡。

 

|7月
 オランダからユダヤ人60,000人のアウシュヴィッツ収容所への強制移送が始まる。

 

|7月
 1942年から1944年の間に、アウシュヴィッツには約50箇所の副収容所が建設されたが、その1つ目となるゴレシャウ収容所が、チェシン市近郊のセメント工場の側で開所し
た。

 

|7月29日
 ヒムラーの指示で、499名のユダヤ人がチクロンB(ガス室)で殺害されたことを、ドイツの実業家で反ナチスのエドワード・シュルツ(Edward Schulte)が、連合軍に密告
。これは、アウシュヴィッツにおけるユダヤ人の大量虐殺について、ドイツ側から発信された初めての情報だった。1940年秋以降、連合軍はアウシュヴィッツに関する情報を定期的に受け取る。それは主に、収容所内外で活動していたポーランド人レジスタンスと接触していた、ポーランド亡命政府からの情報だった。
 
|8月
    ベルギーから25,000人、ユーゴスラビアから10,000人のユダヤ人の、アウシュヴィッツ収容所への強制移送が始まる。
 
|10月30日
 I・G ファルベンによって建設されたブナ合成ゴム工場の囚人労働者を収容するため、ブナ副収容所が設置される。ここは後に「アウシュヴィッツ第3収容所・モノヴィッ
ツ」と改称された。1942年から1944年の間に、合計47箇所のアウシュヴィッツ副収容所と外部労働班が存在し、囚人らは主にドイツ企業のために労働させられた。

 

|10月
 アウシュヴィッツ収容所へ、ボヘミア・モラヴィア保護領から46000人のユダヤ人の強制移送が始まる。

 

|12月
 ノルウェーのユダヤ人がはじめて強制移送される。2度の移送で約700名のユダヤ人がアウシュヴィッツに送られる。

 

|12月13日
     ヒトラーの「東部総合計画」の一環として、ザモシチ地方から強制退去させられた、ポーランド人がはじめて移送される。「東部総合計画」では、約5,000万人のスラブ系民
族(ポーランド人、ロシア人、ベラルーシ人、ウクライナ人など)を強制退去、または絶滅させ、ドイツ人入植者によって中央・東ヨーロッパを植民地化することを目標としていた。ポーランドはその最初の領土となった。

 

|年末
 ナチス親衛隊(SS)の医師たちが、囚人に対して断種実験を開始する。

 

1943年
|2月26日
 ビルケナウに、ロマを収容所するためのジプシー家族収容所が設置される。

 

|3月
 ギリシャのユダヤ人55,000人の、アウシュヴィッツへの強制移送が始まる。

 

|3月22日~6月25日
 ビルケナウ収容所のガス室と4つの死体焼却炉の稼働が開始される。

 

|6月7日
    ドイツ企業クルップ社は、ナチスから借り受けた工場で機械の組立作業を開始する。当時、数百社のドイツ企業がアウシュヴィッツ収容所の建設に関与し、I・Gファルベンや
シーメンスをはじめとする企業が強制労働を利用し過剰な利益を得ていた。

 

|7月19日
     最大規模の公開処刑が執行される。数名が脱走し外部の市民と接触したことに対する懲罰的措置として、ナチス親衛隊が12人のポーランド人を絞首刑にする。

 

|9月9日
テレジンのゲットーから強制移送されたユダヤ人のための「テレジン収容所」が、ビルケナウの中に設置される。

 

|10月
 イタリアから7,500人のユダヤ人の、アウシュヴィッツ収容所への強制移送が始まる。

 

1944年
|5月
 連合軍は、はじめてアウシュヴィッツの航空写真を撮り、ガス室と焼穴から出ている煙を撮影した。その3カ月後、アメリカ・イギリス軍は、ビルケナウ収容所から数キロ離れたドイツ企業、I・Gファルベンの天然ゴム工場と液体燃料工場に空爆を開始する。
 
|5月16日
ビルケナウ収容所のガス室2・3号に囚人を直接移送できる引き込み線の使用が始まる。
ハンガリーのユダヤ人約438,000人の、アウシュヴィッツ収容所への強制移送が始まる。

 

|7月10日~12日
 ビルケナウ収容所内の「テレジン収容所」が一掃され、約7,000人のユダヤ人がガス室で殺される。

 

|8月
 アウシュヴィッツ収容所へ、リッツマンシュタットのゲットー(ウッチ・ゲットー)からユダヤ人67,000人の強制移送が開始。
 
|8月2日
 「ジプシー家族収容所」が一掃され、約3,000人のロマがガス室で殺される。

 

|8月12日
ワルシャワ蜂起で一斉逮捕された13,000人のポーランド人がアウシュヴィッツ収容所に移送される。

 

|10月7日
囚人の遺体処理を強いられていた、ゾンダーコマンド(特別労働班)が暴動を起こし、3名のナチス親衛隊員と450人のゾンダーコマンドが死亡する。

 
|11月
 連合軍の侵攻に伴い、ガス室でのユダヤ人大量虐殺が中止される。

 

1945年
|1月6日
ドイツ軍・簡易裁判所で死刑宣告を受けた、約70名のポーランド人が処刑される。ゾンダーコマンド(特別労働班)の暴動を手助けしたとして死刑宣告を受けた4名のユダヤ
人女性が公開処絞首刑となる。これが最後の公開処刑であった。

 

|1月17日
 「死の行進」が始まる。 ナチス親衛隊は約6万人の囚人をアウシュヴィッツ収容所から徒歩で移動させた。

 

|1月21日~26日
 ナチス・ドイツが、証拠隠滅のためビルケナウのガス室と焼却炉を爆破する。

 

|1月27日
 ソ連軍がアウシュヴィッツ収容所に入り、7000人の人々が解放される。