No Asylum : The Untold Chapter of Anne Frank's Story

監督 

ポーラ・フォース

 

原題

脚本 

ミカエル・フローレス

ポーラ・フォース

音楽 

ルチアーノ・ストルティ

製作総指揮者
レスリー・シュワルツ
ポール・フォース

日本語字幕

​NPO法人ホロコースト教育資料センター

2015年 アメリカ 75分

アメリカ、NYのイーヴォ・ユダヤ調査研究所で数年前に、アンネ・フランクの父オットー・フランクの書簡の数々が発見された。それは、ナチスの迫害から逃れるために、アメリカへの移住の道を必死に模索していたオットーの涙ぐましい努力を伝えるものだった。

「どうか娘たちだけでも」

オットーは友人を頼って、窮状を訴え続けた。

しかし当時、アメリカだけでなく、世界の国々が、ユダヤ難民を受け入れようとはしなかった。

オットーは行き場がないことを悟り、最後の手段として、オランダ、アムステルダムの隠れ家に家族とともに潜伏する。  

1944年夏、隠れ家は発覚し、アンネら家族は逮捕され全員アウシュヴィッツへ送られる。

 

そして、1945年、アンネ・フランクはドイツのベルゲン・ベルゼン収容所で死亡。

 

本作品は、アンネの家族でただ一人生き延びた父オットー、スイスに逃れた従兄バディ・エリヤス、義妹のエヴァ・シュロッスの貴重な証言を通して、600万人のユダヤ人に起きたできごとを伝える。

 

オットー・フランク Otto Frank

(アンネ・フランクの父)

 

1925年、フランクフルト生まれ。

家族でただ一人、ホロコーストから生き延びる。

1947年夏、娘の日記、「アンネの日記」をオランダで出版する。

​1957年、オットーは友人や協力者と共に、隠れ家を保存し、一般に公開するため、アンネ・フランク財団を設立。民族や宗教のちがいを超えて、若者同士が交流できるよう、教育活動に取り組んだ。

ベルント・エリヤス(愛称バディ) Buddy Elias

(アンネ・フランクの従兄)

1925年、フランクフルト生まれ。オットー・フランクの妹ヘレーネ・フランクの次男。父エーリヒは、オペクタ商会(ジャム製造用のゲル化剤を扱う)の創立メンバーであり、1929年、スイスに代理店を開くため、バーゼルに移り住む。ヘレーネとバディ、兄シュテファンも、1931年にバーゼルへ移る。

戦後、スイス、バーゼルのアンネ・フランク財団(Anne Frank Fonds)の会長をつとめる。俳優として、テレビや舞台などでも活躍した。

Review

"Compact but powerful"—LA Times 
 
“Heartbreaking...feature [with] moral and emotional heft.” - The Wrap 
 
“Just when you thought you’d heard every vital story about the Holocaust, along comes the stirring documentary “No Asylum: The Untold Chapter of Anne Frank’s Story” to shine further light on one of history’s darkest periods.” - LA Times 
 
"Riveting"—LA Weekly 
 
"NO ASYLUM director Paula Fouce. . . noted how sophisticated some of Anne [Franks]’s ideas are. Still the filmmaker was reluctant to take on a chapter in history that has been so thoroughly examined over the years. But when parallels began to emerge. . . for refugees then and now, she found it too compelling to resist.”— The Hollywood Reporter 
 
“He wrote letter after letter—without success. The father of Anne Frank tried desperately to get exit visas for his family. But the US wanted to accept very few Jewish refugees. This touching documentary traces the stages of failure.” — DER SPIEGEL 
 
 
“ No Asylum shows us how Otto Frank struggled to save his family. He tried to obtain visas to the U.S., Cuba and Paris. But he faced delay after delay.” -Jewish Press 
 
 
“No Asylum” tells in painful detail the story of Anne’s father, Otto Frank’s desperate and unavailing attempts to secure American visas for his family…. …to round out the Anne Frank story and provide a larger framework for viewing and understanding the Holocaust.” -The Jewish Week 
 
 
“Otto Frank’s story, like that of his daughter’s, elevates the horror of the Holocaust to a larger plain.” -The Jewish Week 
 
 
“A New Chapter in Anne Frank’s Story” -The Jewish Week 
 
 

 
 

エヴァ・シュロッス Eva Schloss-Geiringer

(アンネ・フランクの義妹)

 

1929年、オーストリア、ウィーン生まれ。1938年に、両親と兄とともにナチスの迫害を逃れ、オランダへ移住する。アンネ・フランクと同じメリウェデ広場の団地に暮らすようになる。1942年7月、兄ハインツのもとに労働収容所への移送のための呼び出し状が届き、家族を身を隠す。1944年5月に隠れ家が発覚し、アウシュヴィッツ収容所へ送られた。

母と二人でアウシュヴィッツから生還する。1945年6月、アムステルダムに向かう列車に、アンネ・フランクの父オットーが乗り合わせていた。1953年、オットーとエヴァの母フリッツィは再婚し、スイスのバーゼルに暮らした。

上映スケジュール

2017年

1月26日(木) 日本初公開 早稲田大学にて

​1月28日(日) ホロコースト記念館(広島県福山市)

1月28日(日)   Topf & Sons Place of Remembrance, Ehfurt, Thunigria, Germany

3月25日(土)   雄勝まちづくり協会(宮城県石巻市)

6月10日(土)   NPO法人ホロコースト教育資料センター平成28年度総会企画 立教大学にて

 

 
 

Did you know?

© 2014 NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoro

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google + アプリのアイコン
  • Pinterestのアプリケーションアイコン

主催 NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoro

共催 イスラエル大使館

   早稲田大学千畝ブリッジングプロジェクト

後援 早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター

​   ドイツ連邦共和国大使館、ポーランド大使館、オランダ王国大使館、外務省

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now