ホロコーストの犠牲者を想起する国際デー

International Day of Commemoration in memory of the victims of the Holocaust

 

2005年に国連は、1月27日を「ホロコースト犠牲者を追悼する国際デー」に制定しました。

加盟国に対して、ホロコーストの教訓を今日に生かし、次世代に伝えていくための

教育プログラムを推進していくよう呼びかけています。

 

The General Assembly,

Reaffirming the Universal Declaration of Human Rights, which proclaims that everyone is entitled to all the rights and freedoms set forth therein, without distinction of any kind, such as race, religion or other status,

Recalling article 3 of the Universal Declaration of Human Rights, which states that everyone has the right to life, liberty and security of person,

Recalling also article 18 of the Universal Declaration of Human Rights and article 18 of the International Covenant on Civil and Political Rights, which state that everyone has the right to freedom of thought, conscience and religion,

Bearing in mind that the founding principle of the Charter of the United Nations, "to save succeeding generations from the scourge of war", is testimony to the indelible link between the United Nations and the unique tragedy of the Second World War,

Recalling the Convention on the Prevention and Punishment of the Crime of Genocide, which was adopted in order to avoid repetition of genocides such as those committed by the Nazi regime,

Recalling also the preamble of the Universal Declaration of Human Rights, which states that disregard and contempt for human rights have resulted in barbarous acts which have outraged the conscience of mankind,

Taking note of the fact that the sixtieth session of the General Assembly is taking place during the sixtieth year of the defeat of the Nazi regime,

Recalling the twenty-eighth special session of the General Assembly, a unique event, held in commemoration of the sixtieth anniversary of the liberation of the Nazi concentration camps,

Honouring the courage and dedication shown by the soldiers who liberated the concentration camps,

Reaffirming that the Holocaust, which resulted in the murder of one third of the Jewish people, along with countless members of other minorities, will forever be a warning to all people of the dangers of hatred, bigotry, racism and prejudice,

1. Resolves that the United Nations will designate 27 January as an annual International Day of Commemoration in memory of the victims of the Holocaust;

2. Urges Member States to develop educational programmes that will inculcate future generations with the lessons of the Holocaust in order to help to prevent future acts of genocide, and in this context commends the Task Force for International Cooperation on Holocaust Education, Remembrance and Research;

3. Rejects any denial of the Holocaust as an historical event, either in full or part;

4. Commends those States which have actively engaged in preserving those sites that served as Nazi death camps, concentration camps, forced labour camps and prisons during the Holocaust;

5. Condemns without reserve all manifestations of religious intolerance, incitement, harassment or violence against persons or communities based on ethnic origin or religious belief, wherever they occur;

6. Requests the Secretary-General to establish a programme of outreach on the subject of the "Holocaust and the United Nations" as well as measures to mobilize civil society for Holocaust remembrance and education, in order to help to prevent future acts of genocide; to report to the General Assembly on the establishment of this programme within six months from the date of the adoption of the present resolution; and to report thereafter on the implementation of the programme at its sixty-third session.

「歴史的事実、特にホロコーストのような重要な出来事を否定することは、決して容認できることではありません。特定の国や民族の排除を訴えることもまた、許されることではありません。国際社会のすべての人々が、この原則を言葉だけでなく、行動で示してほしいと願います。」

 

潘基文 国連事務総長

総会は、

 

人種、宗教、その他の地位の、あらゆる種類の区別なしに、すべての人に与えられているあらゆる権利と自由を公言している「世界人権宣言」を再確認し、

 

 

 

すべての人は、生命、自由および身体の安全についての権利を有すると述べている「世界人権宣言 第3条」を想起し、

 

 

すべての人は、思想、良心および自由についての権利を有すると述べている「世界人権宣言 第 18 条」と「市民権および政治的権利に関する国際規約 第 18 条」を想起し、

 

 

 

 

「戦争の惨禍から次世代を救う」ための国際連合憲章の設立原則は、国際連合と第二次世界大戦との間の消えることのない関係を証明していることを念頭に置き、

 

 

 

ナチ政権による集団殺害などを繰り返さないために採択された、集団殺害の防止および処罰に関する条約を想起し、

 

 

 

 

人権の無視および軽蔑が、人類の良心を踏みにじった野蛮行為をもたらしたと述べている世界人権宣言の前文もまた想起し、

 

 

第60回総会が、ナチ政権の打倒の 60 年目に開かれるという事実に留意し、

 

 

 

またとない第 28 回特別総会が、ナチ強制収容所の解放の 60 周年を記念して開かれることを想起し、

 

 

 

強制収容所を解放した兵士たちの勇気と献身を称え、

 

 

少数派の数え切れない人びとともに、ユダヤ人口の3分の1にあたる人びとを殺害したホロコ ーストは、憎悪、人種的偏見、人種差別および偏見の危険について、全ての人びとへの永遠の警告になるであろうことを再確認し、

 

 

 

1.国際連合は、毎年1月27日を、ホロコーストの犠牲者を想起する国際的な記念日に指定することを決定する。

 

 

 

 

2.加盟国に対し、集団殺害の将来の行為を防止するためホロコーストの教訓を次世代に教育するプログラムを策定することを加盟国に促し、そのために「ホロコースト教育、記憶および研究に関する国際協力タスクフォース」を推奨する。

 

 

 

3.歴史上の出来事としてホロコースト、そのすべてまたは一部の、いかなる否定をも認めない。 

 

 

4.ホロコーストのなかで、ナチ絶滅収容所、強制収容所、強制労働収容所および刑務所として使われた場所を積極的に保存してきた加盟国を称賛する。

 

 

 

5.民族出身または宗教的な信念に基づく個人や共同体に対する宗教的な不寛容、扇動、いやがらせまたは暴力のあらゆる表現を、無条件で非難する。

 

 

 

6.事務総長に対し、集団殺害の将来の行為を予防するために、「ホロコーストと国際連合」のアウトリーチプログラムを設立し、ホロコーストの記憶と教育のために市民社会を動員する措置をとること、本決議の採択の日から6か月以内にこの計画について総会に報告すること、 またその後は第63回総会で同計画の実施について報告することを要請する。

国際デーを制定した2005年の国連総会決議文

Resolution adopted by the General Assembly on the Holocaust Remembrance

(A/RES/60/7, 1 November 2005)

© 2014 NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoro

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google + アプリのアイコン
  • Pinterestのアプリケーションアイコン

主催 NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoro

共催 イスラエル大使館

   早稲田大学千畝ブリッジングプロジェクト

後援 早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター

​   ドイツ連邦共和国大使館、ポーランド大使館、オランダ王国大使館、外務省

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now